名古屋市西区の訪問介護ならヘルパーステーションKEI愛へ。
笑顔、元気、まごころをモットーに、地域の1番を目指しています。

障害者をご家族にお持ちの方“本当の愛”って何でしょうか?

これをやってしまうと、障害者を1人の「人」として認めていないことになりませんか?
実は障害者自身は独り立ちしたいと思っているケースが多くあります。
親だからこそ障害があっても、厳しく育てるということが”本当の愛”ではないでしょうか?

代表者自身が障害者だからこそ気持ちや状況が分かる

ヘルパーステーションは、ヘルパーがご自宅を訪問してさまざまな介護サービスを提供します。
利用者が実現したい事をヘルパーがアシスト(お手伝い)をします。
そのため、利用者とヘルパーのコミュニケーションがとても大事になります。

ヘルパーステーションKEIは、一番の長所として、代表者である加藤啓太自身が障害者であるという事です。
経営者であり利用者でもあるため、現場の気持ちがよくわかります。
そんな私が起業当初から貫いている思いとして、
「障害をもつ方、高齢者の自立支援をアシストしていきたい」
という事があります。

なぜなら、私自身が重度心身障害者ながら、周りからの支援を受けながら夢を叶えてきたからです。
「大学進学・一人暮らし・ボッチャの日本代表選手」など叶えてきた事はたくさんありますが、私自身の努力だけでなく、周りからのアシストがあったからです。
だからこそ、自立支援をアシストする「生活支援事業」を行っています。

私たちは、利用者とヘルパーが信頼し合える関係であり続け、利用者の自己実現をアシストしていきます。
そして、利用者だけでなくご家族を笑顔にし、自立した生活をアシストする事で、地域に1番必要とされるヘルパーステーションを目指します。

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ